Home

外来受療率 疾患

最近公表の統計資料. 厚生労働統計一覧. 統計要覧一覧. 統計情報をご利用の方へ. 白書、年次報告書. ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 > 患者調査 > 結果の概要 > 平成29年(2017)患者調査の概況 (4) 受療率 推計患者数を人口10万対であらわした数である。 受療率(人口10万対)=推計患者数/推計人口×100,000 (5) 総患者数(傷病別推計) 調査日現在において、継続的に医療を受けている者(調査日には医療施設で受療し 180、「Ⅱ 新生物<腫瘍>」112となっている。外来では、「ⅩⅠ 消化器系の疾患」1,021、「Ⅸ 循環 器系の疾患」702、「ⅩⅢ 筋骨格系及び結合組織の疾患」692となっている。(表5、統計表5) 表5 傷病分類別にみた受療

外来受療率 消化器系の疾患 1,021 循環器系の疾患 702 筋骨格系及び結合組織の疾患 692 平均在院日数 全傷病 29.3日 傷病別 統合失調症,統合失調症型障害及び妄想性障害 531.8日 血管性及び詳細不明の認知症 349.2日 252.1日. また、施設の種類別、性・年齢階級別に入院、外来別の推計患者数及び受療率(人口10万対)の推移も調べることができます。. 推計患者数とは、調査日当日に診療施設(病院、一般診療所、歯科診療所)で受療した患者の推計数です。. 傷病分類 : 胃の悪性新生物、糖尿病、高血圧性疾患、喘息、骨折等. ⇒ 患者調査 3年周期. <問い合わせ先> 厚生労働省政策統括. 大臣官房統計情報部. 人口動態・保健社会統計課保健統計室. 室 長 岩﨑 容子. 室長補佐 渡 三佳. (担当) 患者統計係(内線7516,7517). (代表電話) 03(5253)1111. (直通電話) 03(3595)2958. PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。. Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

外来では、「高血圧性疾患」(男性1,373、女性1,682)、「脊柱障害」(男性975、女性961)となっている(表1-2-3-4) 入院患者を傷病分類別に見ると、「精神及び行動の障害」(認知症、統合失調症、躁うつ病を含む気分障害など)が25万2,000人で最多となっており、第2位が「循環器系の疾患」(高血圧性疾患、心疾患、脳血管疾患)で22万8,600人、第3位が「新生物(腫瘍)」(がん)14万2,200人となっていました ・外来受療率: ある特定の調査日に外来受療した人がカウントされます。.というわけで、通院者率では高血圧のように長期治療の必要な慢性疾患が上位に来ます 外来では、「高血圧性疾患」(男性1,373、女性1,682)、「脊柱障害」(男性975、女性961)となっている(表1-2-3-6) 通院(外来)の推計患者数は平成20年の686万5000人から726万500人へ、約40万人も増えていますが、東日本大震災の影響により調査していない地域を除くと、増加数は更に増えて約52万人にもなります。. 実に8%近い増加率となっています。. 内訳では、高血圧性疾患が約6万人(震災の影響を除くと約8万人)、糖尿病が約2万人(震災の影響を除いても約2万人)、高脂血症が.

平成29年(2017)患者調査の概況|厚生労働

  1. 男女別では、男性の977に対して女性は1095で、女性のほうが入院受療率は高くなっています。傷病別に受療率をみると、がんは男性のほうが高く、関節症や骨折は女性のほうが高くなっています。 外来受療率は80~84歳がピー
  2. 「精神及び行動の障害」の入院受療率と外来受療率、外来受療率の病院と診療所の比率、都道府県による違い 患者調査の「精神及び行動の障害」に分類されている疾患について、入院受療率と外来受療率を都道府県別にみてみると下の散布図のようになる
  3. これは高い外来受療率を示す高齢者の総人口比が増加したからに他ならない。また以前は入院が不可欠だった治療も、外来で済むようになった.
  4. 外来(受療率) 死亡率 1 脳血管疾患 高血圧性疾患 悪性新生物(がん) 2 悪性新生物(がん) 脊柱障害 脳血管疾患 3 心疾患(高血圧性のものを除く。) 脳血管疾患 心疾患 4 骨折 心疾患(高血圧性のものを除く。) 肺炎 5 精神分裂

また主な傷病別では、高血圧や脊髄の障害で通院する人が多いこと、男女ともに心疾患や悪性新生物(がん)による通院率はおおよそ年上になるに.

脳血管疾患の受療状況 入院による受療率はほぼ全 国と同様に推移しているが、 外来では、全国を下回ってい る(図26)。年齢階級別では、 75歳以上の入院が著しく多い (図27)。 1 0 図24 全国と東京都の虚血性 加し,呼吸器系の疾患が減少していた。結論 この30年間で小児の1日あたりの推計入院患者数,入院受療率,1日あたりの推計外来患者 数は減少したが,外来受療率は増加し,小児科の診療が外来を中心としたものとなり入院と 外来では、「高血圧性疾患」(男性1,293、女性1,706)、「脊柱障害」(男性1,125、女性1,126)となっている(表1-2-3-7)。 表1-2-3-7 主な傷病別にみた受療率(人口10万対

最新統計データ2020 人口統計・保健統計

健康診断・健康診査の受診 率 脳梗塞に対するt-PAによる脳血栓溶解療 法適用患者への同療法実施件数. 【国民生活基礎調査】 【NDB】. 高血圧性疾患患者の年齢調 整外来受療率 救急要請(覚知)から医療機関への 収容までに要した平均時間 くも膜下出血に対する脳動脈瘤クリッピン グ術の実施件数. 【患者調査】 【救急・救助の現状】 【NDB】. くも膜下出血に対する脳. 精神疾患の受療率(入院、病院外来、診療所外来) -患者調査から- 2-1 精神疾患の受療率 都道府県別 精神疾患の受療率 都道府県別 H23 H26 2-2 統合失調症の都道府県別受療率 統合失調症の都道府県別受療率 H23 H26 2-3. 外来受療率は、佐渡(受療率4,502)が最も高く、県央(同3,986)、下越 (同3,902)、新潟(同3,799)、上越(同3,724)、中越(同3,656)、魚沼(同 3,370)の順となっている ちなみに乳幼児の親ぐらいの年齢(30~34歳)での外来受療率を見てみると、男性では「統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害」「気分[感情]障害(躁うつ病を含む)」「う蝕」「歯肉炎および歯周疾患」「椎間板障害」「脱臼、捻挫およびストレイン」等が比較的高く、女性では「急性咽頭炎および急性扁桃炎」「急性気管支炎」「う蝕」「歯肉炎および歯周疾患」「女性不妊症」等が比較的高くなっています

統計局ホームページ/統計faq 21c-q02 傷病分類別患者数の

また,入院受療率,外来患者数ともに約7割に減少したが,外来受療率は1.2倍に増加していた。1人あたりの年間入院医療費は1986年から2014年の30年間で約3倍に,入院1件あたりの医療費は約4倍に,入院1日あたりの医療費は約5倍に. 三大疾病(がん・心疾患・脳卒中)は、日本人の死因の上位を占めている上に、治療費や介護費用が多くかかる傾向にあります。また、働けないことによる収入減少のリスクもあります。 そういった三大疾病の経済的リスクに対しては、三大疾病の経済的な備えに特化した「三大疾病保険」で.

総数(入院) 〃(外来) 循環器系の疾患(入院) 〃(外来) 高血圧性疾患(入院) 〃(外来) 心疾患高血圧性のものを除く(入院) 〃(外来) 虚血性心疾患(入院) 〃(外来) 脳血管疾患(入院) 〃(外来) 脳梗塞 糸球 65歳以上の高齢者の受療率が高い主な傷病 をみると、入院では、「脳血管疾患」(男性398、 女性434)、「悪性新生物(がん)」(男性395、女 性203)となっている。外来では、「高血圧性 疾患」(男性1,373、女性1,68 患者調査は、病院及び診療所(以下「医療施設」という。)を利用する患者について、その属性、入院・来院時の状況及び傷病名等の実態を明らかにし、併せて地域別患者数を推計することにより、医療行政の基礎資料を得ることを目的とし、3年に1回実施しています 受療率は年々低下している 次にこの受療率の年次推移を見てみましょう。受療率は年々低下する傾向にあります。入院の受療率の低下は特に顕著で30年前と比べると2~3割低下しています。一方で外来の受療率はあまり低下していま 外来受療率は75~79歳がピークである。2.疾病構造が異なる。75歳以上では、脳血管疾患が悪性新生物を上回るようになる。 3.疾病が長期化しやすい。脳血管疾患の場合、75歳以上では平均在院日数が90日を超える。12 75歳以上.

平成26年(2014)患者調査の概況|厚生労働省 - mhlw

  1. 精神疾患は入院受療率が最も高い疾患ですが、年次推移ではやや減少し(255→209)、逆に外来受療率は増加しています(176→203)。精神疾患の治療が入院から在宅ケアに移行していることがうかがえます
  2. 外来受療率 5,784(人口10万対。人口の約5.8%) ↑ 主要疾患の受療率(平成23 年患者調査) → p.81,82 入院受療率(総数) 大分類 第1位 精神及び行動の障害 第2位 循環器系の疾患 中分類 第1位 統合失調症 第2位 脳血管.
  3. 受療率 2 は,0歳が最も高く,1~4歳,5~9歳と続いている。0~14歳の受療率は,この10年間では上昇傾向にある。(第1-2-11図(1)) 推計患者数を疾病別にみると,0~14歳では呼吸器系の疾患が最も多く,とりわけ1~4歳では全
  4. 受療率(入院受療率、外来受療率)、推定患者数、平均在院日数 → 都道府県別で全患者、主傷病名、年齢階級別患者数、二次医療圏レベルの流入出がわかる(SUB12.179) 調査指定日前1ヶ月間の退院患者に対して、入院日より在

3 高齢者の健康・福祉|平成29年版高齢社会白書(全体版

2006年02月24日 高血圧の外来受療率が高い地域は心疾患や脳血管疾患による粗死亡率が高い傾向 厚生労働省「心疾患-脳血管疾患死亡統計の概況」より カテゴリー: 高血圧 厚生労働省ではこのほど、毎年行っている. 外来受療率では「糖尿病や神経系の疾患」「脳血管疾患」「消化器系の疾患」など一部の疾病でのみ、全国平均を上回っているようです。 群馬県が行っている医師の確保・支援の取り組み 群馬県地域医療支援センタ

総患者数は高血圧性疾患が最多、次いで歯周病――「平成29年

傷病分類別にみると、入院患者は「循環器系の疾患」(17.1%)、「精神及び行動の障害」(17.1%)、外来患者では「消化器系の疾患」(20.1%)の割合が高くなっている。(概要P4) 都民の受療率(人口10万対推計患者数 地方自治体における医療・介護情報のデータは、最終的には厚生労働省に集約され保健事業や介護事業を進めるために活用される。そのデータから分かることを、高齢者の健康づくり・介護予防の視点で解説する 9.死亡月別にみた心疾患-脳血管疾患死亡 (427KB) 10.死亡の場所別にみた心疾患-脳血管疾患死亡 (771KB) 11.入院・外来受療率との関係 12.諸外国との比較 (214KB) 13.統計表 (1MB) 14.参考 (271KB 入院受療率は、75歳以上から急 激に高まります。また、外来受療率は75~79歳がピークになっています。2.75歳以上では、脳血管疾患が悪性新生物を上回るようになるなど、疾病構造が異なってきます。3.疾病が長期化しやすくな

京都府の医師転職事情と未来~保健医療計画と地域医療から読む

第53巻第5号「厚生の指標」2006年5月 Ⅲ に軽度要介護認定率の都 道府県分布を, に重度要介 護認定率の都道府県分布を示す。軽度要介護認定率については,最も高い大阪府(4.21%)と最 も低い茨城県(1.54%)の間 ・外来受療率(新潟県、人口10万対、疾病分類別) ・レセプトデータに基づく入院患者の受療動向(患者住所地ベース) ・病院、一般診療所、歯科診療所の推移 ・病院及び一般診療所の病床数の推移(実数、人口10万対) ・二次保健. 歯科疾患の外来受療率(平成26年度) 診療内容別の外来受療率は、う蝕は1~4歳が最も高く、その後減少した後に緩やかに60代前半まで増加し、 再度減少する。 歯肉炎及び歯周疾患では、10代から経年的に増加し、30代でう蝕を.

3. 正解です。患者調査では、外来の受療率を推計することができます。 4. 総患者数では、高血圧性疾患が最も多いです。 5. 正解です。平成26年に実施された患者調査の結果、傷病分類別の平均在院日数は長い順に、「精神及び行 高血圧の外来受療率が高い地域は心疾患や脳血管疾患による粗死亡率が高い傾向 厚生労働省「心疾患-脳血管疾患死亡統計の概況」より 2006年01月10日 高血圧との関連が深い腎硬化症。透析導入原因として絶対数は少ないもの 第1表 病院患者数、受療率(人口10万対)、構成割合 患者数 受療率 構成割合 総数 18,008 2,584 100.0% 入院 8,928 1,281 49.6% 第2表 病院患者数;傷病分類・受療の種類別 傷病分類 総数 入院 外来 総数 18,008 8,928 9,080 I. 年齢調整外来受療率 虚血性心疾患により 救急搬送された患者数 救急要請(覚知)から医療機関 への収容までに要した平均時間 虚血性心疾患により救急搬送 された患者の圏域外への搬送率 (修正箇所は黄色着色・赤字). 表9 受療率,入院―外来・性×年齢階級別 7 85歳以上 図7 入院―外来・年齢階級別にみた受療率 (2)傷病分類別受療率 ア 受療率(入院・外来の受療率。歯科診療所分を除く) 傷病分類別に受療率をみると、①「Ⅸ循環器系の疾患.

受療率は3年に一回患者調査に基づき計算される。人口10万対で受療率を年齢階級別にみると、入院は85歳以上が最高で10~14歳が最低、外来は75~79歳が最高で15~19歳が最低である

整形外科受療率 年齢による分布を見るために5 歳年齢階級別に新患件数を人口(総務省統計局による本調査期間に最も近 い2011 年10 月1 日の推計人口)で除したものを整形外科受療率として図5 に示す。 男性では80~84 歳に最大の. (全疾患、75歳以上、女性)外来医療費の分析(1人当たり医療費、受療率、日数、診療費) ※ 平成25年10月の1ヶ月分のデータを用いて分析。※ 年齢調整を行っていない。点 日 点 2 表31 入院-外来・性・二次保健医療圏別標準化受療率(人口10 万対)-総数 入院受療率 外来受療率 計男 女計 男女 県 計 659 719 606 3,192 2,908 3,476 下 越 636 709 576 3,027 2,759 3,303 新 潟 670 749 599 3,315 3,092 3,531. 傷病分類別外来受療率(総数)(人口10万対) 高齢者では循環器系の疾患と筋骨格系の疾患において特に外来受療率が増加する。 3 5 0 0 0 5 0 0 0 0 (森沢OL Y)(惑麗)閻魔裾雑忘 Ⅳ 内分泌 .栄養及び代謝疾患 ;ロⅦ眼 0.

(高血圧性疾患、75歳以上、男女計)外来医療費の分析(1人当たり医療費、受療率、日数、診療費) ※ 平成25年10月の1ヶ月分のデータを用いて分析。※ 年齢調整を行っていない。点 日 点 8 心臓 VoL33No.4(2001) 375 心臓財団循環器疾患データベース 東京大学医学系研究科・健康増進科学 川久保 清(編集) 循環器疾患患者数(受療率) 1.患 者調査 循環器疾患が日本における疾病の中で,ど の程 度の負荷(diseaseburden)と な 第6章 5疾病4事業の医療体制 第9節 小児医療 - 235 - (3)小児に関する傷病別受療率 【0~4 歳】 外来受療率を高い順にみると、呼吸器系の疾患が一番多く、次に健康状態に影響を及ぼす要 因及び保健サービスの利用、耳及び. 図2に女性の都道府県別入院・外来受療率を示 した。入院受療率(男性)は長崎県が最も高く 40人,外来受療率(男性)においては東京都の 107人が最も高かった。一方,入院受療率(女 性)は佐賀県が67人と最も高く,外来受療

(眼及び付属器の疾患、15~39歳、男性)外来医療費の分析(1人当たり医療費、受療率、日数、診療費) ※ 平成25年10月の1ヶ月分のデータを用いて分析。※ 年齢調整を行っていない。点 日 点 10 受療率のデータは、歯科疾患実態調査が行われた1987・1993・1999・2005 年のデー タのみを用いた。う蝕有病状況と受療率の関連についての分析では、横軸をDFT(dft)縦軸を受療率の 値とした散布図に、各年・年齢階級の値をプロッ

高血圧性疾患患者の年齢調整外来受療率 229.1 262.2 患者調査(H26) 脂質異常症患者の年齢調整外来受療率 81.1 67.5 患者調査(H26) 虚血性疾患患者の退院患者平均在院日数 5.5日 8.2日 患者調査(H26) (3) 国の指 高齢層の外来受療率は他の年齢階層と比べ、群を抜いて高い実情が分かる。今世紀に入ってからは減少傾向にあるが(今件は絶対数では無く対10. 看護師国試過去問。【問題10122(第103回追試改変)】平成29年(2017年)の日本の男性における外来受療率が最も高い年齢階級はどれか。看護師国試対策なら、看護roo![カンゴルー 3 都民の入院受療率は全国より低く、外来受療率は全国と同程度 (報告書P16 表5・図9、P 252 第44表、P364 第7表 ) *入院受療率は「総数759」で全国(総数1,038)より低い。 *外来受療率は「総数5,680」で全国(総 疾病分類について 外来医療費については、社会保険表章用疾病分類( 121分類)を元に、以下のような 54分類にグルーピングし、1人当たり医療費と、受療率・1人当たり日数・1日当たり 診療費の3要素ごとに地域差を見える化

通院者率と外来受療率の違いについて教えて下さい。違う調査

統合失調症等(再掲) 高血圧性疾患(再掲) 心疾患(高血圧性のものを除く)(再掲) 脳血管疾患(再掲) 1 本県の傷病及び受療の状況 ①入院-外来・施設の種類別受療率(人口10万対)の推 =0.03),入院受療率と入院感染症受療率(r、 =O.551,p<0.01)に有意な正の相関がみら れたが,外来感染症受療率と入院感染症受療率 には有意な相関は認められなかった。3.都道府県別の感染症受療率と関連要因と 110 ③傷病分類別・受療率の推移 資料:平成17年まで:山形県「山形県患者調査」(17年調査以降調査中止) 平成20年以降:厚生労働省「患者調査」 入院 外来 入院 外来 入院 外来 総数 6,012 5,841 6,341 1,120 5,785 1,138 6,12 この度、東京都は、平成27年12月に厚生労働省が公表した「平成26年患者調査」の集計結果をもとに、東京都分を集計しましたので、お知らせします。この調査は3年ごとに実施されているものです

3 高齢者の健康・福祉|平成28年版高齢社会白書(全体版

推計患者数は入院が僅かに減少、通院は大幅に増加 [医療保険

平成23年版高齢社会白書 第1章 高齢化の状況 - 内閣府3 高齢者の健康・福祉|平成27年版高齢社会白書(全体版

類別外来受療率では、ほとんどの疾患で全国よりも下回る状況になっています。 また、「消化器系の疾患」、「循環器系の疾患」、「筋骨格系及び結合組織の疾患」の順 に高くなっています(図6参照)。 表7 入院外医療費 •「外来受療率」は横ばい(疾患による違いあり) •「慢性期・在宅医療等」の需要は不詳? ⇔ 「入院適応」は1750円以上・・・適切か? 療養病床の在りかた等に関する検討会資料から 「受療率」に関して (1)医療需要=年間の受療. われる。外来患者(青)のピークは2022年ごろに到 来し、その後徐々に減少する。ただし2002年の患者 調査と2008年のそれとでは後者で外来受療率が大

本県における脂質異常症患者の年齢調整外来受療率(人口10 万対)は50.2であり、全国(67.5)と比 べて、患者の外来受療が低い傾向がみられます。 (応急手当、病院前救護) 本県における救急要請(覚知)から医療機関への. A-奈良県の高血圧性疾患患者、脂質異常症患者、糖尿病患者の年齢調整外来受療率は高 血圧性疾患患者248.0、脂質異常症患者73.2、糖尿病患者83.8で、高血圧性疾患と糖 尿病は全国値と比べて低い状況です(表5)。 4 都民の受療率は、入院・外来ともに全国より低い (報告書P18・19 表6・図10、P279 統計表第44 表、P375 参考第7表) * 都民の入院受療率は「744」で、全国「1,036」より低い。 * 都民の外来受療率は「5,498」で、全 2005年外来受療率(対10万人) 2008年総受療率(対10万人) 2008年入院受療率(対10万人) 2008年外来受療率(対10万人) Source: 00t 受療率.xls Image: 00tPatN_R99_08.pdf Fujimasa I Art&Science 年齢別医療受療率は 6. 年齢調整外来受療率(高血圧性疾患)(人口10万人当たり) 項 目 年齢調整 外来受療率 各県受療率の最高/最低 全国 順位 備 考 香 川 265.1 359.7/155.6 27 全国順位は受 療率の高い順 全国平均 262.

入院日数ますます短期化。がんも通院で治療する時代? [医療

松本二次医療圏の将来人口推計結果に、長野県の外来受療率を用いて将来外来患 者数を推計したところ、松本二次医療圏における外来患者数は、平成32 年まで増 加傾向にあり、その後は 少に転じ、平成52 年には1日当たり18,237.1. (4) 受療率 患者数を人口で除して人口10 万人対であらわした数。 受療率(人口10 万対)=患者数/平成17 年3 月末住民基本台帳×100,000 (広島県福祉保健部医療対策室調べ) 9. 統計表の貸出しについ 数,人口10万人に対して,外来患者の受療率 6,入院患者27,合計33となっており,入院患 者の場合,肺癌の受療率(外来患者13,入院患 者15:合計28)よりも多い.肺炎の死亡率は,戦後にかけて抗菌薬の開発,社会環境の整 ・男女とも糸球体疾患、腎尿細管間質性疾患の外来受療率が高い。男性はトップ ・人工透析患者数の対加入者割合、患者一人当たりの医療費、対医療費総額割合が高 い。0.101%、501,648円、4.2%(全国平均0.091%、478,521円、3.

入院患者は対人口比率でも減少中入院・外来率の推移(2019年

病入院、精神疾患の入院が多いとい う結果が出ています。就労している ほうが生活習慣・精神のバランスが ある程度維持されている傾向が推測 されます。【スライド10】 しかし外来の受療率では、別の傾向が見られます。外来では、 院・外来受療率と歯科外来受療率を示した。これ までの傾向と同様に、歯科外来受療率は、70−74 歳をピークとしてそれ以降の年齢では急速に減少 している。また医科外来受療率は、80−84歳以 降減少するが、医科入院受療率が高齢

このような季節変動は肺炎や心疾患にもみられますが、心疾患でより顕著な傾向です。 このほか、心疾患や脳血管疾患による粗死亡率は、高血圧の外来受療率が高い都道府県ほど高いという傾向も報告されています 67 〔 高血圧性疾患の年齢調整外来受療率 〕 和歌山県 全国 高血圧性疾患 342.5 262.2 厚生労働省「医療計画作成支援データブック」より 〇 本県の平成28年中の救急自動車による搬送人員のうち脳疾患に分類される患 高血圧性疾患患者の年齢調整外来受療率 B-2-1 傷病大分類「高血圧性疾患」の都道府県別受療率を基準人口で補正した値10) 260.4 245.4 B-3-1 脳血管疾患による年齢調整死亡率(男性) 49.5 43.9 B-3-2 脳血管疾患による年齢調 岐阜二次医療圏の1日当たりの外来患者数 ※年齢区分別将来推計人口×年齢区分別性別受療率 ※受療率は福岡県の数値を使用しています(診療所の数値を含む) ※受療率の年次変化は考慮していません ※国立社会保障・人口問題研究所『日本の地域別将来推計人口(2018年推計)より集

神奈川県の医師転職事情と未来~保健医療計画と地域医療から読む秋田県の医師転職事情と未来~保健医療計画と地域医療から読む

・本県の外来受療率(人口10万対)を見ると、0歳から4歳では呼吸器系の疾患が50.6%、 健康状態に影響を及ぼす要因及び保健サービスが15.2%、皮膚及び皮下組織の疾患が 7.9%で、5歳~14歳は呼吸器系の疾患が40.9%、消 減少し,小児入院受療率(人口10万人あたり の入院患者数)も34%減少している(図3,4)。一方で,0~14歳の医療機関を受診する1日 あたりの外来小児患者数は28%減少してい るものの,外来受療率(人口10万人あたり の外来小児. 外来医師偏在指標は、外来医療機能の多くは診療所が担っていることから地 域の診療所医師数を用いて算定しており、それに医師の性・年齢別の平均労働 時間、地域の性・年齢別外来受療率、病院と診療所の外来医療対応割合、患 80 人口10万人当たりの高血圧性疾患の入院及び外来の受療率は、745(全国533) であり、全国平均を上回っています。 また、年齢調整外来受療率も全国平均より高くなっています(平成26年「患者調 査」)。 〔 高血圧性疾患受療率. ・県民の健康状況を受療率(入院・外来)から見ると、高齢になるほど、その率が 高くなっており、特に受療率(入院)は高齢になるほど全国に比べ高くなって います。 ・疾病別の患者割合は、循環器系の疾患が最も多く、次いで消化器系 精神疾患の受療率は入院258人、外来212人で、入院は全疾患の24%を占める。一方精神疾患の総患者数は入院32.3万、外来287.8万、計320.1万で、H8の入院32.9万比で微減,外来の185.2万に比べ大幅に増加している。疾患別で

  • パズドラ ティア.
  • ソード ワールド2.5 RPGボックスセット 冒険者ギルド.
  • アウディ S4 試乗 2012.
  • Remnants.
  • Dream5 年齢.
  • ラグビー ブルーズ グッズ.
  • ティフトン 密に ならない.
  • 生きがいがない20代.
  • ポリオワクチン 後遺症.
  • 朝日新聞 有料記事 うざい.
  • 友達が自分をどう思っているか 心理テスト.
  • ご当地ベア 大阪.
  • 初犯刑務所 一覧.
  • 刺殺 英語.
  • つけまつげ まぶた 持ち上げる.
  • コンシーラー 崩れない方法.
  • チベット族.
  • せねばならない 中文.
  • テクスチャ フリー.
  • 広島市 求人.
  • L型キッチン コーナー 使い方.
  • アウディ S4 試乗 2012.
  • お菓子作り 教室 神戸.
  • 膝が痛い 20代 急に.
  • 人物紹介 キャッチコピー 面白い.
  • タウンエース バッテリー 位置.
  • イラン情勢 最新.
  • ボストンテリア服.
  • 胆嚢腺筋腫症 eus.
  • ボクサー 筋トレ メニュー.
  • パタパタ ペッピー.
  • ジャレッド レト ジョーカー 役作り.
  • MDF塗装 しない.
  • クリスマスカード 飛び出す プレゼント.
  • A3 公演曲 解放.
  • 誕生日おめでとう ござい ます 韓国語.
  • MDF塗装 しない.
  • 飛行機 着陸 機首上げ.
  • アイヌ イノシシ.
  • 情景テクスチャーペイント 路面.
  • Hawaii News live.